造る購入する「家」を手に入れる方法は人によって様々です.

ただやっと手に入れた「家」が自分や家族にとって気持ちの良い「住まい」に
なるかどうかは「家」を実際に造った人売る人が保証してくれる
わけではありません.
「住まい」は基本性能をクリアしているだけでなく
住み手の要求や価値観と永く呼応し続けることが出来なければそこで使われ
ている材料よりずっと早く寿命が尽き建て替えや住み替えが必要になって
しまいます.住む人が精神的な安らぎをえる場所となってはじめて「家」は
「住まい」と呼ばれるものだと思います.

しかし「家」は何らかの形で他人の手を借りなければ成り立たない買い物です.
不動産業者・設計事務所・建設会社・工務店・大工・その他専門の職人など
1軒の家が完成するまでに実に多くの人が関わっているものです.
その人達に自分がどんな「住まい」にしたいのか本当に伝わるでしょうか?

では、どうしたら自分の思い描く生活や価値観に応えてくれる住まいが手に入るのか?
設計事務所は依頼を受けた人またそのご家族のために固有の家を設計する
お話を伺いながら家族の将来像や変化を考慮に入れた「住まい」を考え
具体化することが仕事です. 家を造る材料に質の善し悪しがある様に
設計にも質があるのは当然です.

設計事務所として毎日住宅設計を巡って案を作っては捨て捨てた中から
また拾い上げという経済的不効率を繰り返しながら
「家具の中に暮らすような楽しい家」を目標に設計活動を続けております.
そんな私たちの仕事(生活?)の一部をこのホームページで紹介できたらと思います.