TV棚

テレビの形や大きさ,受信方法も含め,
時代とともにずいぶん変わりましたが,
テレビのない家庭はないといってよく,
設計段階で置き場所を考えていきます.
そして,オーディオ機器やゲーム機器など周辺機器も
家庭によってさまざまになり,TV台を設計する家が
ほとんどになりました.
大きさの違う周辺機器が雑多に見えないように,
DVDなどのソフトも仕舞えるようにTV台をデザインします.
扉を閉めていてもリモコンが使えるように、扉に布を張ったり,
ウーハースピーカーの低音で家具自体に共振しないように,
底板は材密度の高い無垢材を使うなど,シンプルな形の中に
たくさんの工夫を隠しておきます.


写真:市川の家