外 観

周囲の家との生活上の視線干渉を避けるため、
2階にリビングがある.斜線制限で屋根の低くなる
隣地北側から南に向かって少しむくりをつけた片流れ
屋根を造り家全体を覆っている.
竪格子で覆われたところは物干しになっている.
将来横に通した板塀のところまで道路が拡張される予定.

施工/宮嶋工務店
写真/西川公朗撮影

居 間

2階リビングダイニングは全く仕切りのない
一部屋の中に納めている.
その分天井に屋根のやわらかな形を映し、
伸びやかに広々と住めるように、収納や動線計画上で
様々な工夫をしている.
下に入れた写真は障子を閉めたところ.
拡散光でリビング全体が柔らかな明るさになる.

調理台/阿部木工製作
テーブル/宮嶋工務店製作
ダイニングテーブルから一続きのオープンキッチン.
テーブルで調べものや本を読みながら、
グリルが使えるようにテーブルと同じ高さのアイランド型
調理台がダイニング中央に据えられている.
左手に見える壁のような食器棚も製作家具で、
食器、調理器具、炊飯器電子レンジなど、最上段に
空調機も納めている.カーブした天井面とは隙間を
空けておき天井面が家具の後へ続いている.
家具の裏側はストックルームで、2階の収納を
一手に引き受けている.

キッチン・食器棚/阿部木工製作
写真/西川公朗撮影

階段とダイニングを仕切るラジエーター(暖房機).
床材が無垢のパイン材のため床暖房でなく、
温水循環型のパネルヒーターを導入している.
気流の起こりやすい窓際や階段で入口に設置した.

暖房設備/PS
ブラケット照明セード/アトリエオリジナル



主寝室

主寝室の窓には風を通すガラリ戸を内側に設けている.
夏の夜に空調機を止めて外の網戸と併用して窓を
開けたまま休めるようになっている.

屋根上につくった2帖程の見晴台.
国立の街には多くの桜が植えられていて、
春になると家並みのあちこちに桜の花が見えます.
そこでトップライトを開けて
屋根上に出られる様にしてあります.

写真/西川公朗撮影