アプローチ

外壁に米杉板を使った木造2階建て.
3人の子供がそれぞれに独立し,高齢となった
夫妻の住まい.
アプローチは道路側に開き,緑の少ない建て込んだ
住宅地にポケットのような空間をつくり出して
お客様を迎えます.
その分、防犯上は玄関の手前に鎧戸を設け,
ビルトインガレージとしています.

施工/株式会社 佐伯工務店
造園/彩苑 栗田信三
写真の上にポインターを載せると写真が変わります.
玄 関
アオダモとアオハダの間を抜ける緩やかな弧を描く
スロープでポーチに接続しています.
玄関扉は木製扉でガラススリットの明り採りが付いている.

天井高さを抑えた玄関.
玄関上に階段踊場と主人用の趣味室があります.
階段はタモ無垢材.
玄関収納はコンパクトに横長として傘・靴のほか
印鑑・鍵など小物と靴のケア用品等を入れる引出を
設けています.
普段履きのスリッパや外用サンダルを玄関収納下に
忍ばせて置くために床から浮かせてあります.
突当りのガラススクリーンの向こうはガレージ.

玄関収納:阿部木工 阿部繁文さん製作
居 間

東半分は自然光を家の奥へ導くため
天井高さ4.8m吹抜になっています.
壁面にはナラ材で飾棚を造り付けてあり,趣味の
絵皿が並ぶ.
東の高窓は主に採光と換気を担い,南窓はソファに
腰掛けた際庭に視界が開く様に計画しています.
ポインターを写真に乗せると吹抜見下ろしの
様子に変わります.
飾棚の上は高窓開閉用のキャットウォーク.

居間飾棚:阿部木工製作
食 堂

東西に横たわる居間から南へL字に繋がったダイニング.
南東向きのダイニングなので軒を深くしておき,
目の前にあるのエゴノキやカツラの梢が常に視界に入る様に
天井までの大きな窓を設けている.
板張りの勾配天井は高いところで2.85mある.

テーブル天板はウォルナットで6〜8人で囲むのに
丁度いい大きさ.
右の家具には床置型の空調機が内蔵されている.
2つの主寝室

この住まいには夫妻が使うための
2つの寝室があります.
写真は1階の寝室で和室と繋がっています.
ポインターを写真に乗せると
2階寝室の様子に変わります.
2階寝室は居間吹抜に面しており,
季節や状況に応じて使い分けています.
住まいが広く,普段は二人暮しなので
閉じ篭る感じにならない様,どちらも他の部屋との
つながりを意識させる簾戸を併設しています.
吹抜とキャットウォーク

家に吹抜を造ると住み手に見上げや見下げといった
視野が生まれ,多様な住まいの表情を
つくることが出来ます.
ただし,熱環境的には温度差の大きなスペースに
なってしまいがちです.壁や窓の断熱性能はもちろん
空気だけを暖める空調機に頼らず
床暖房やパネルヒーターなどを主体とした暖房と
エアサーキュレーションを考えおくのが良さそうです.
南立面と庭

南側はバス通りに面しており,2枚の外壁で
この住まいに必要なプライバシー
を守っている.
道路沿いの外壁の内側にバスコートやテラスが
隠れている.
下に入れた写真は造園家・栗田信三さんによる南庭.
割栗石を敷いた小道を辿るとバードバスがある.


造園:彩苑 栗田信三さん