南庭とテラス

建物に沿って南北に長い庭.
2本のカツラを中心にエゴノキやモミジ、また多くの
中低木を入れて眺める方向によって
密度の違いをつくり出しています.

テラス沿いに食堂・台所・浴室が続くため
隣家との視線干渉に考慮して境界沿いにソヨゴ・アラカシなど
常緑高木も入っています.
屋根にある丸い穴は浴室の窓際に植えたハイノキに
雨と光を落すための開口.

造園:彩苑 栗田信三さん