吹抜とキャットウォーク

家に吹抜を造ると住み手に見上げや見下げといった
視野が生まれ,多様な住まいの表情を愉しむことが出来ます.
ただし,熱環境的には温度差の大きなスペースに
なってしまいがちです.壁や窓の断熱性能はもちろん
空気だけを暖める空調機に頼らず
床暖房やパネルヒーターなどを主体とした暖房と
エアサーキュレーションを考えおくのが良さそうです.