居間・食堂

手前がダイニングでキッチンカウンター越しに見ています.
正面奥のリビング収納家具は工務店の大工さんの現場造作.
左にある背の低い引戸は和室への給仕口になっている.

施工/宮嶋工務店
棚・造作工事/宮嶋工務店
写真/西川公朗撮影

1階テラスと南庭

奥行き1.5mのウッドデッキを建物南間口いっぱいに
設けています.
奥に見えるドアはキッチンからの出入口でデッキを通って
リビングダイニングとキッチンをぐるっと廻れます.
リビングのテラス戸は戸袋へ全て納まり、
約3m巾でテラスへそのままつながります.
庭から見ると舞台のようです.

写真:西川公朗撮影
玄関・ポーチ

玄関天井までは地下階として
コンクリート打放しで仕上げている.
ここから半階下がってご主人の仕事場があり
半階上がって家族のリビングがあります.
階段はラワン無垢材、床はパイン無垢フローリング
壁はペイントで仕上げています.

玄関収納:阿部木工製作
写真:西川公朗撮影
台 所

南のテラスドアから日中の光が差し込み明るい.
ご主人も台所に立つため、カウンターはやや
高目900mmとしている.
シンク側は手が濡れていても使い勝手の良い
ステンレスの引手
リビングから見える食器棚側の引手は全て隠し
引手にしている.

家具:阿部木工製作
写真:西川公朗撮影
洗面所と台所を結ぶ窓

ご主人が寝起きに洗面所で顔を洗っていて、横にある窓から
奥様に「食事できてる?」「お風呂沸いてる」と声を掛ける窓.
この家では立場が逆になることもありそうなので
もっと多様に使われていそうです.
この家の洗面所と浴室は階段踊り場に接続していて、
リビングダイニングから半階高いところにある.

洗面所家具:阿部木工製作
写真:西川公朗撮影
子ども室

こども室と家族の勉強部屋でもある家族室を
ぐるっと廻れるようにつくった.
将来2つに分ける予定のこども室は入居時点では
手前にある家族室と繋がったオープンなワンルーム.
本棚の後を引戸で仕切れるようレールと溝を彫り込んだ
枠が設けてある.
お子さんがつくる,電車やバスが走るダンボールの街が
繋がった2つの部屋に自由に広がる.天井は垂木下半分を
現し、上半分を断熱・通気層として利用している.

本棚:造作工事(宮嶋工務店)
写真:西川公朗撮影
地階スタジオ

ご主人の仕事場です.
コンクリートの躯体に吸音用のグラスウールボードを張り
その上からネットを張った木製パネルと横胴縁で仕上ています.
地下室でありながら敷地の高低差を利用した外部への開口、
熱交換型換気・空調を備え、
仕事が長時間にわたる際の居心地に配慮している.

写真:西川公朗撮影