台所

シンクはダイニングテーブルと向き合っている.
1階の大きな切妻屋根の下に広間・食堂と台所を
同居させている.

互いに気配を感じながらも,広間と食堂に居る家族が
それぞれに落ち着きを得られる様に,敷地に元からあった
80cmの高低差を使い,空間に一体感を保ちながら
緩やかに仕切っている.

シンクの食堂側はカップボードにしてある.
下に重ねた写真はシンクに立って左手を見る.
レンジのあるユニットは基材のシナを墨染めしたもの.
引手はチーク材削り出し.
家具製作/深津木工 深津 悟