テラス側間口9m奥行き4.2mの直線的な空間に
居間・食堂・台所を一続きに配置してある.
天井は屋根勾配と同じ舟底天井にして,家の軸を示し
広い南庭を受け止める形になっていることを住み手にも
伝えている.
食堂と居間の間に棟持ち柱があり、緩やかにスペースを
分節している.台所の調理台が食堂側を向いているが,
他の場所から常に見えていることを考え、
ワークトップや調理器具,家具扉の引手などが
目に入らない様に工夫している.
台所と対面する居間西側の壁は台所家具と同じタモの柾目合板
を横に張り,中央で天井の高くなる家型を視覚化して,
家族団欒の場をつくった.

キッチン家具:阿部木工 阿部繁文さん製作